レーザーカッターが捗る!!AdobeCaptureで即席くまタロプレート作ってみた!



こんにちは!スタートアップカフェコザ スタッフの前川です!
最近レーザーカッターの利用者さん、増えていますね_(┐「ε:)_
以前の記事で、親切な使い方の紹介がありましたが
私のようなIllustrator初心者にしてみては、ふふふ、、、
イラレで作図する技術なんて、そもそも持ち合わせていない!!!!_:(´ཀ`」 ∠):ぐへぇ 


アウトライン?なにそれおいしいの?

そうなんです。イラレで作画なんて難しい!
同じ気持ちでレーザーカッターを諦めていた方も多いのでは?
この記事は、イラレ初心者でもデータが簡単に作れるアプリの紹介記事となっております!

Adobe Captureで簡単出力!

写真をベクター変換してくれる「Adobe Capture」を使うと簡単に出力データが作れます!
https://www.adobe.com/jp/products/capture.html

ということで、さっそくAdobe Caputureをつかって、
即席くまたろプレートを作りましょうーーーー٩( ‘ω’ )و ガンバルぞい
※Adobe無償または有償のCreative Cloudメンバーシップが必要です。
使用前にAdobe IDでサインインしてください。
操作がある程度わかる方はこれだけ読めばおっけー!_____
⑴Adobe Captureで写真を撮ってスムーズをオンにする
⑵イラレに送って、必要であれば切断したい部分を赤くする。
⑶aiデータとして保存して、いざレーザーカッターへ!
以上!!!
_____________________________
以下では細かく説明していきます。

アプリから写真を撮る

①まずスマホアプリ「Adobe Capture」をダウンロードして、アプリから写真を撮影。

くまタロ「 かっこよく撮ってね 」

灰色を無くし完全な白黒にする

②スムーズ機能を使うと、「黒」と「白」に分けることができるので
これを利用して、撮った写真から灰色の部分を駆逐しましょう。

「スムーズ」をタップ

「オン」→「→(保存画面へ)」

Illustratorへデータを送信

③Illustratorへデータ送信します(たった2ステップで出来るので簡単!)

左から2番目のアイコンをタップ

Illustratorを選択

数秒後にパソコンにデータが届き、Illustratorが起動します。

くまタロ、現る!!
でかかったのでこの後少し縮小してあげました

切りたい部分と彫りたい部分を指定する

④切断する部分を指定する。(※レーザーカッターでは黒い部分は彫刻赤い部分は切断されます)

ツールバーから任意の形を選択
角があると痛そうなので角丸にしてみました。

切断は赤!なので赤を選択。
ツールバーの下部で線の色を選べます。画像右下のCMYKの数値を参考にしましょう。

角丸で、赤い枠を作ってあげました。
これでプレートの形ができました!完成!!

いざ、出力!

⑤aiデータとして保存して、いざレーザーカッターへ!

※レーザーカッターの使い方は以下の記事をご覧ください。
レーザーカッター利用の前におさえておきたいポイント!
http://startup-cafe.okinawa/lasercutter_points/


くまタロ出力中

完成!!!!!!

ふてぶてしさも見事に再現されています。

Illustratorで作図できなくても、これなら簡単に作品にすることができます!!
お子さんが書いた絵や、手書きの文字だって・・・

いかがでしたか?
簡単&素敵に出力できてしまいます!
レーザーカッターでは、更にクリエイティブな使い方もできますが、手始めに何か作ってみたい、まずは触れてみたい、という方にはオススメです。
ぜひ、オリジナルの一品を作ってみてください^^
スタートアップカフェコザFacebookページ
FaceBook

Posted in スタッフ呟き.