毎月第1木曜日の行政書士相談会って何するのか聞いてみました。



こんにちは、スタートアップカフェコザのよしながです。毎月第1木曜日スタカフェコザでは行政書士相談会が行われているのをご存知ですか?内容についてジャッキー法務事務所の行政書士 謝花誉幸(じゃはなたかゆき)さんにお聞きしました。

 

行政書士とは


行政書士とは官公署に提出する書類を作成する仕事です。代表的な士業のうち、弁護士、税理士、司法書士が扱っていない分野を担当しているのが行政書士、いわば街の法律屋さん。例えば最近よく聞く民泊業に関することや、外国人の受け入れ、あるいは外国人が日本で商売をする場合などの相談は行政書士の担当になります。

もしどこに相談したらよいかわからないならとりあえず行政書士に話をしてみて下さい。専門分野なら親身になってお話を聞きますし、担当分野外でも適切な相談先をご紹介します。

 

行政書士による起業支援

行政書士は公的な役割以外に起業支援も行なっており、これからビジネスを始めようとしている人たちが(法律的に)誤った方向へ進んでしまわぬようサポートしています。

特に融資や許認可を受けようと考えている人は、会社を設立する前など何か大きな決断をする前にぜひ一度ご相談ください。場合によっては取り返しのつかなくなることもありますので、最終確認する意味での利用をお待ちしてます。

 

かしこい利用方法

許認可や申請などはやろうと思えば自分でも出来ます。ただ未経験だと手間も時間もかかりますし、それよりも行政書士をうまく利用して本業のほうへ力を注いで欲しいです。起業するにはやらなければならないことがたくさんありますから。

 

これまで行政書士のお仕事ってよく知らなかったのですが、話をお聞きして本当に街の法律屋さんという感じで相談しやすいと感じました。それにしても最初の段階で間違ってしまうと許認可や融資が受けられなくなるなんてコワイですね。そうならないためにも是非相談しましょう。スタカフェコザ毎月第1木曜日は、15:00行政書士相談会、16:00沖縄銀行相談窓口、とまとめて相談出来ちゃいます。お気軽にご利用下さい。

 

スタートアップカフェコザFacebookページ

FaceBook

Posted in カフェニュース.