【ハロウィン】3Dプリンターでパンプキンケースを作ってみた


今週末はハロウィン!!沖縄はアメリ文化が近い事もありハロウィンを大いに楽しむと聞きました!そこで「これはカフェでも準備せねばなるまい」とスタッフが3Dプリンターでかぼちゃ型のお菓子ケースを作ってみました

3Dデータ & 3Dプリンターでかぼちゃを作る

今回は Thigverse からかぼちゃのデータを入手しそれに、顔を付けたデータを作成しました。ちなみに加工ソフトはMeshMixer(無料)です

後は、そのまま3Dプリントです。カフェにある3Dプリンター:Z18は30cm x 30cm x 40cm とかなりのビッグサイズが出力可能です。ちなみに今回の出力時間は32時間でした。

寝てる間も休まず出力する3Dプリンター

レーザーカッターで底を作る

最初は3Dプリンターだけでの製作を考えたのですが、それだけでは面白くないので「器の底」の部分をレーザーカッターで作成します。

新しいスタカフェのロゴもカッコイイですね!

器に底を張り付けて完成!

 

最後は、器の底に接着剤でプレートを張り付けて完成!可愛い「かぼちゃのお菓子ケース」ができました!

10/28はSTARTUPCAFE KOZA でHappyHalloween!!

※この「パンプキンケース」一見難しそうに見えますが、実はそれほど大変ではありません。機材のワークショップもありますので興味がある人はぜひ参加してみてください!イベントチェックはFaceBookからどうぞ!

FaceBook