ロックなミシンでエコバッグを作ってみました!


こんにちは、スタートアップカフェコザのよしながです。

生まれて初めて使うロックミシンでエコバッグを作ってみました。今回はその様子をご報告します。ちなみにロックミシンの正式名称は Rock じゃなくて Overlock(かがり縫い) Sewing Machine なんですよ。

 

ロックミシンとは

ロックミシンは布をカットしながら縁かがりをしたり、ニットなどの伸縮性のある布を縫うことができる高性能なミシンです。一般のミシンとの主なちがいは、下糸がなく34本の上糸をミシン針の上にあるフックで絡めながら縫っていくところです。糸かけ方法などコツが要る部分もありますが「縁かがり」と「縫い合わせ」が一度に出来るので作業が楽!でも普通のミシンのように布の真ん中を縫ったりするのは出来ません。端っこ専門!

 

エコバッグを作ります。

❶ 100円ショップで買った綿布に模様をプリント(ガーメントプリンター)
せっかく作るならお気に入りのデザインにしようと思い、まずガーメントプリンターで模様を入れました。ガーメントプリンターは A4 サイズが最大印刷領域なので布全体に柄が広がるよう A4の版で複数回プリント。余白が多めの柄にすると版と版のつなぎ目に気を使わなくてもいいですよ。オモテとウラにゾンビをあしらってみました。

 

❷ 縁かがりしながら縫い合わせる(ロックミシン)

これまで動いているのをみたことがなかったオキナワミライファクトリーのロックミシンを起動しました!

 

❸ 出来上がり

頑丈にしたいなら内張をすると安心です。

 

応用編


ロックミシンならTシャツのサイズ直しも簡単。伸縮性のある素材はフツーのミシンだと縫った部分が伸縮せずそこにシワが寄ったりしますが、ロックミシンは縫い目も伸び縮みするから型崩れしません。

 

生まれて初めて使ったロックミシンは想像以上に便利でした。オキナワミライファクトリーにあるノーマルなミシンもすごく使いやすいですがロックミシンはその上をいく快適さ。今回のような簡素なバッグなら1時間でできちゃいます。プレゼントやお子さんのためにチャレンジしてみませんか。

 

スタートアップカフェコザFacebookページ

FaceBook

Posted in カフェニュース.