StartupCafe KOZA 2ND Anniversary 前半


こんにちは、スタートアップカフェコザスタッフのミッキーです!

2018年10月06日に開催されたスタートアップカフェコザ2周年イベントの前半レポートをまとめたので、当日観に来れなかった方は動画もYoutubeにアップしているので、ぜひ見てください!

後半はこちら→StartupCafe KOZA 2ND Anniversary 後半

 

オープニング

登壇者:桑江 朝千夫(沖縄市 市長)、照屋林賢(りんけんバンド)、上原知子(りんけんバンド)、中村まこと

桑江市長の開幕の挨拶の後、オープニングアクトとしてりんけんバンドの照屋林賢氏・上原知子氏によるステージが行われました。その後、STARTUP CAFE KOZA代表の中村まことよりWelcome Talkとして、集まっていただいた皆さんと一周年を無事に迎えられたことをみんなでお祝いするとともに、これからの未来について少しお話をさせて頂きました。

  

テクノロジーの発達とリゾートワーク

登壇者:山田 一誠(沖縄市観光物産振興協会 事務局長)、上里 幸俊(沖縄市経済文化部 部長)、花牟礼真一(沖縄経済同友会 情報通信委員長)、杉山俊幸(株式会社日経BP トレンドメディア局 局長)

ここ数年、QOL(quality of life)や働き方改革が様々に議論されている中、LCCとインターネットの発達で、場所や時間にとらわれることなく働くことが可能になって来ました。行政や観光に関わる立場の方々が「デジタル」について議論をし、そしてそんな中でリゾートとテクノロジーを掛け合わせた新しい形を沖縄から今後発信していくということが提唱されていました。

  

 

HOW TO WORK

登壇者:福田峰之(多摩大学大学院ルール形成戦略研究所)、宮村佳典(プログラミングスクール7期卒業生)

インターネットとプログラミングスキルは時間・場所・メンバーに縛られない働き方を可能にします。株式会社『HOW TO WORK』はSTARTUPCAFE KOZAのプログラミングスクール卒業生:福田峰之が設立し、同スクール卒業生をプロジェクト単位でメンバー編成しWeb制作を行う会社です。能力の最低ラインがはっきりし、どのような人材がいるのかが極めて明確にされている会社。そのような、プログラミングがもたらすフェアな世界についてお話し頂きました。また、1つ目の案件のプロジェクトリーダーを担った宮村さんに、今回の実務面での説明を行っていただきました。

  

 

泡盛王子 ~泡盛の魅力と楽しみ方~

登壇者:仙波晃(泡盛専門BAR『泡盛倉庫』)

会員制の泡盛専門BAR『泡盛倉庫』にて人呼んで「泡盛王子」と呼ばれる仙波晃氏。日本の蒸留酒の始まりでもあり、その歴史は600年前にさかのぼり、先の沖縄戦がなければ250年を超える古酒まであったといわれている泡盛の世界。その歴史、深み、味わい方について実演を交えて分かりやすく語って頂きました。

  

スタートアップカフェコザFacebookページ

FaceBook

Posted in イベントレポート.